40代の化粧品選び【美肌のコツは化粧品が握っている】

女性

エイジングケア対策と効果

化粧水

エイジングケアの必要成分

女性の40代はホルモンバランスが乱れやすくなるので、シミやシワやたるみの対策が必要になります。特に40代におすすめの成分としては、ビタミンC、フラーレン、レチノール、プラセンタエキスなどがあります。ビタミンCには美白効果があり、肌のコラーゲンを合成しやすくする働きがあります。フラーレンというのはビタミンCの170倍以上の抗酸化力があるといわれ、老化の原因である活性酸素を除去する働きがあります。レチノールはビタミンAの一種で、肌の新陳代謝を促進します。プラセンタエキスは幅広い効果が期待される成分で、今後も色々と応用されていきます。基礎化粧品の中でもエイジングケアは最先端分野なので、今後も次々と新しい化粧品が開発されるはずです。

これまでの化粧法を改める

40代はこれまでにも色々な化粧品を使ってきたので、今後は正しい使い方をして効果を求める必要があります。これまでの思い込みが間違っていると、スキンケアの効果も逆効果になるので注意が必要です。40代の基礎化粧品の特徴は、新しい視点で使い方を見直すことです。例えば洗顔のやり方のおすすめは、クレンジングで油性のメイクを落とし、洗顔料か石けんで埃などの水溶性の汚れを落とすことです。顔の汚れはメイクと、皮脂と汗が混ざった皮脂膜や大気中の埃が原因となっているのです。また基礎化粧品の化粧水を何回もパッティングするのは皮膚を痛めてしまいます。おすすめのやり方は、やさしく丁寧に包み込むように化粧水をつけることです。このように基礎化粧品のおすすめのやり方をすれば、40代でも生き生きとしたお肌を生み出すことができます。